資産運用、料金節約

電気代を月900円/も節約!新電力に乗り換えるだけ。

電気代は、家賃やスマホ代と同じく毎月発生する支出です。

私の家庭(自分、妻、子ども2人)の電気代は約9,000円/月(年間108,000円)でした。かなりの負担です。

子育て・教育ってホントにお金がかかるの?実は同調圧力に負けて、無駄に出費をしちゃってるだけじゃないの、という仮説。子育てってそんなにお金かかるのでしょうか? 家計本やファイナンシャルプランナーの人の本を読むと、「教育費は膨大だ。教育資金に備えよ...

そんな中、2016年4月から電力小売の自由化が始まりました。関西エリアの人は、関西電力以外の電力会社も選べるようになりました。

電力会社を変えることで、私の家庭の電気料金は870円/月も安くなりました。約10%オフです!年間だと870円×12ヶ月=10,500円も節約できる計算です。

電力会社もピンからキリまでありますが、手間を惜しまずに調べ、切り替えの手続きをすることで大きな節約ができます。情報強者がより得をし、情報弱者がより損をする時代です。

会社員(サラリーマン)が月5万円稼ぐ資産運用の方法 【スイングトレード、ポートフォリオ分散】資産運用は学生の頃から興味を持っていました。 会社に入って2年目の頃に証券口座を開き、株式投資を始めました。ちょうど、貯金ができて...

ここでは電力会社の選び方をお伝えしたいと思います。

まず、電力小売の自由化とは?

電力供給の流れには、「発電」と「送電」と「小売」の3つがあります。「送電」以外は、すでに自由化されています。

我々は「小売」会社から電気を買います。これまでは関西電力だけでした。今は、いろいろな会社が電力の小売事業をやっています。

安さ以外にも、再生可能エネルギー(太陽光、風力など)で発電した電気を供給しますよという触れ込みでPRしている会社もあります。

なお、「送電」の自由化は2020年に予定されています。

電力料金比較サイトをざざっと見て新電力会社を絞り込む

電力料金比較サイトを見て、ランキング上位にくる会社はどこかを調べます。

Looop、HTBエナジー、nifty、洸陽電機(シン・エナジー)、大阪ガスの5社になるかと思います。

さらに、スマホのキャリアやインターネットプロバイダなどもチェックします。スマホ代やインターネット料金が安くなるプランがあるためです。私の場合はスマホ、インターネットともに検討当時はソフトバンクでしたので、こちらもチェックします。

これで候補を6社に絞り込みました。

現状の請求金額と電力量を把握する

まずは、過去1年間の請求金額[円/月]と電力量[kWh]を調べます。例えば、2017年4月~2018年3月の1年間のデータがあればOKです。検針票を見るか、引き落としの履歴を見るか、関電のサイト「はぴeみる電」にログインすればすぐに分かります。

私の家庭の場合、以下のようになります。2016年10月~2017年9月の1年間のデータです。下の桁は丸めています。

10月:10,700円(400kWh)
11月:5,800円(240kWh)
12月:6,100円(250kWh)
1月:10,600円(400kWh)
2月:13,800円(490kWh)
3月:13,600円(480kWh)
4月:9,900円(360kWh)
5月:5,000円(200kWh)
6月:6,200円(230kWh)
7月:7,600円(280kWh)
8月:10,800円(380kWh)
9月:8,100円(300kWh)

各電力会社の電気代の算出式を見つける

次に、絞り込んだ6社の電気代算出式を調べます。googleで「”電力会社名” 電気代 計算」で検索すれば見つかります。各社ともさまざまな料金プランを設けていますが、標準的なもの(最もシンプルなもの)を選びます。

リスクとは、自分が何をやっているかよく分からないときに起こるものです。電力会社を比較、選定する作業だけでも頭を使いますので、プランの細かいところまで立ち入ると頭がフリーズしてしまいます。

「理解していないものには手を出さない」がリスク管理の鉄則です。

料金プランですが、例えばLooopでんきの場合、プラン名はおうちプラン、料金は一律22円/kWhとすごくシンプルです。

電気代=〇〇〇kWh×22円/kWhで計算できます。

HTBエナジーの場合、少し複雑です。厳密に言うと、こちらの計算スタイルが標準的で、Looopでんきが斬新なのですが・・・。

プラン名はファミリーコース、料金は以下の通りです。

・~15kWh 373.73円
・15~120kWh 21.14円/kWh
・120~300kWh 21.95円/kWh
・300kWh~ 22.00円/kWh

したがって、

電気代=373.73円+〇〇〇kWh×21.14円/kWh+〇〇〇kWh×21.95円/kWh+〇〇〇kWh×22.00円/kWh

で計算できます。

ある月の電力量が400kWhだったとすると、

373.73円+105kWh×21.14円/kWh+180kWh×21.95円/kWh+100kWh×22.00円/kWh=8,744円

になります。

もし、ある月の電力量が250kWhだったら、

373.73円+105kWh×21.14円/kWh+130kWh×21.95円/kWh+0kWh×22.00円/kWh=5,447円

になります。

より厳密に電気代を計算する・・・「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を上乗せする

実際の請求金額は、上記で説明した電気代に加えて、「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」というものが上乗せされます。

「燃料費調整額」は毎月変動しますが、関西エリアの2017年度の額は概して0.2円/kWhでした。詳しくはこちらの「低圧」のグラフを見て下さい。

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は毎月変動しますが、関西エリアの2017年度の額は2.64円/kWhでした。詳しくはこちらの「低圧」のグラフを見て下さい。

同時同量とは?電力の需要と供給にズレが生じると、電気の周波数と電圧が変わる電気はたくさん溜めておくことができないため、発電した電気はリアルタイムで消費しなければなりません。したがって、発電電力と消費電力は同じに...

エクセルで、電力会社を変えた場合の1年間の電気代をシミュレーションする

いよいよ、各電力会社に変えた場合の電気代をシミュレーションして、一番安くなるところを選定します。

私の家庭では、4月の電力量は360kWhで、請求金額は9,900円でした。

Looopでんきに変えた場合

Looopでんきに変えた場合、4月の電気代は、

360kWh×22円/kWh=7,920円

になります。

これに「燃料費調整額」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」がのっかります。

・燃料費調整額 360kWh×0.2円/kWh≒70円

・再生可能エネルギー発電促進賦課金 360kWh×2.64円/kWh≒950円

よって、請求金額は

7,920円+70円+950円=8,950円

になります。

この計算を5月以降についても行います。

HTBエナジーに変えた場合

HTBエナジーに変えた場合、4月の電気代は、

373.73円+105kWh×21.14円/kWh+180kWh×21.95円/kWh+60kWh×22.00円/kWh≒6,770円

になります。

これに「燃料費調整額」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」がのっかって、請求金額は

6,770円+70円+950円=7,790円

になります。

この計算を5月以降についても行います。他の電力会社についても計算します。

結果をまとめたものがこちらの表です。

 

一番安くなったのはHTBエナジーでした。

私と似たような電力量で、かつ関西にお住まいの人は、HTBエナジーが一番安くなると思います。

私はHTBエナジーに切り替えました。

余力があればキャンペーン情報を調べる

余力があれば、googleで「”電力会社名” 電気 キャンペーン」で調べてみましょう。

HTBエナジーは、価格.comを経由して申し込むと「Amazonギフト券5,000円」がもらえます。1年以上続けることが前提ですが。これ結構デカいです。

ソフトバンクは、スマホ1台あたりスマホ料金が100円/月安くなります。うーん微妙。niftyは、申込期間が限定されていますが9,100円のキャッシュバックがあります。

ただし、キャンペーンを内容まで考慮し始めると頭がフリーズしてしまいますので、おまけ程度に考えましょう。

そして、切り替えの申し込み

選んだ電力会社のホームページにアクセスし、申し込みをするだけです。

名前やメールアドレスを入力し、申し込みメールを受信します。

メールに貼られたURLをクリックして、検針票に書かれた数字や引き落としのカード番号を入力すれば完了です。

切り替え前の関西電力側への手続きは不要です。

ベストじゃなくベターを考えよう!ベストを狙うと疲労してしまう。

電気代に限らず、ガス代もスマホ代もインターネット代も、選択肢が多すぎると決定疲れして、今より料金を安くしようというモチベーションがだんだんなくなってしまいます。

日常の「決定疲れ」を減らして心身の消耗をなくし、軽快に生きよう。最近、日々の「決定疲れ」を減らすことの大切さを痛感しましたので、「決定疲れ」について私の体験談を交えて綴りました。 通勤中に気づい...

どうでもよくなってしまうんです。そうならないために。。。

目的は、現状よりも電気代を安くする、です。一番電気代が安くなる組み合わせを選び出す、が目的ではありません。ベストじゃなくベターを狙います。

ベストを狙おうとすると、決定疲れで消耗するだけでなく、調査に時間がかかりますので、生産性(=節約金額/調査に使った時間)は低くなります。生産性が高くなるように、”ベター”を狙いましょう!