30代の生き方、働き方

30代は群れない生き方をしよう!

川北義則の『30代でやっておきたいこと』を読みました。

いろいろと参考になることが書いてありましたのでピックアップしてみます。

人は孤独でいれば、いやでも人生について、社会について、いろいろ考える

最も印象に残ったのは、「30代は群れない生き方をしよう」ということです。

人は孤独でいれば、いやでも人生について、社会について、いろいろ考えます。一方、今は群れることばかりを考えて自分を見失っている人が多い。だから、群れない生き方を選択した30代が孤独に悩みながら、どんな考えに至り、どんな人生を歩き始めるか、そちらに期待したい。

これにはとても共感しました。仲間と群れていると、どうしても無条件に群れの大多数意見に流されてしまいますからね。

何でも面白がれる人物は魅力的だ

もう一つは、「何でも面白がれる人物は魅力的だ」ということです。

30代はビジネスパーソンとしても、人間としても成長するときである。そのとき何より大切なのは好奇心だ。好奇心は成長のエネルギー源である。何でも見てやろう、試してやろうと、とにかくアタックしてみるといい。ヒトの最大の特徴は何事も試してみる気がある以外に、とりたてて得意とするものはひとつもない。私たちにとって何より大切なことは、「とにかくやってみる」ことであり、そのために不可欠なのが好奇心なのだ。年齢も好奇心と深く関係している。子供時代ものを知らないこともあって、みんな好奇心が旺盛だが、成長するにつれてだんだん衰えていく。そのかわりに、いろんな欲をもつようになり、それが好奇心を支えることになる。だが、三十代くらいになって、一定の安定した環境に置かれると、また衰退してしまう。恵まれた環境は欲望まで衰えさせるから、好奇心にとっては大きな敵だ。今の日本はいろいろな問題を抱えているが、世界全体から見れば恵まれた国だから、国民の好奇心は全体的に衰えているといっていい。下手に既成の価値にしばられずに「面白がること」だ。どんなことも面白がれば、眠っていた好奇心が必ずよみがえってくる。

一定の安定した環境に置かれると好奇心が衰退する、というのは言い得て妙だなと思いました。

若い時は、自分でお金を稼いで自立して、やがて家庭を持って安定したいという思いがありましたが、それがいざ実現すると、何だか自分がつまらない人間になったようで、生活に張りがなくなってきましたからね。

リーダーというのはあくまでも役割に過ぎない

最後に、リーダーについて語っているところも興味深かったので紹介します。

率先して部下を引っ張っていくような、昔のリーダーのイメージは捨てることだ。今、求められるリーダー像とは、「グループの力を引き出すこと」というのが、もっとも正しい見方だろう。その具体的な形は、「リーダーシップは集団の成員の間に分散されており、各成員が、仕事の達人、道化役、母親的役割など、それぞれ重要な役割をかわるがわるに果たすのである。」つまり、これからのリーダーとは、持ち回りの学級委員のようなものだと思ったほうがいい。上司とは組織を維持し、部下たちの能力を引き出す役目なのだ。こういう観点から考えないと、よい上司にはなれない。では、こういうリーダー役を果たすには、どんな上司になればいいのか。最初にやるのはチームを壊さないことだ。次にチームを活性化する。さらに各自のもつ能力を十分に発揮させることである。その具体的な手法は色々あるだろうが、ただ、どんなチームリーダーにも必要な能力は、部下から信頼されることだろう。上司になるための準備とは、あなたが職場で信頼される人間になること。そこから始める必要がある。

リーダーというのは持ち回りの学級委員のようなものだ、というのを読んで安心感を覚えました。

リーダーというのはあくまでも役割に過ぎず、上下関係にはなり得ない、フラットな関係の中で結ばれる関係性だということです。