30代の生き方、働き方

福井謙一「メモしないと忘れてしまうような着想こそが貴重なのである。」

「メモしないでも覚えているような思いつきは大したものではない。メモしないと忘れてしまうような着想こそが貴重なのである。」

フロンティア軌道論で有名な福井謙一の言葉です。

福井謙一は出歩くときも寝るときも必ずメモと鉛筆を用意していたそうです。

すぐにメモを取るのは実は難しい

ふと頭によぎって、すぐに頭の中を通り過ぎてしまうようなアイデアが重要だというのは私もよく分かります。

こういうアイデアって、歩いて移動している時だったりしますので、なかなかメモしないんですよね。

駅に着いたらスマホにメモしようと思って、そのアイデアを覚えてようとしてもすぐに頭の中から消えてしまいます。

さっきまで覚えていたのに・・・と悔しがることが多々あります。

https://punhundon-lifeshift.com/post-323

アップルウォッチでメモをする

こういう時に役に立つと思って買ったのがApple Watch 2です。

いいアイデアが頭をよぎったら、腕を口元に持ってきてそれを音声入力で記録するわけです。

これだけでも4万円ちょいで買う価値があると思いました。

iPhoneでもできますが、ポケットから出してロック解除する手間があることと、スマホを見ながら歩くのは見た目にも印象がよくないため、正直使えません。

アプリはWatchNotesというものです。

iPhoneとApple Watch2で連携させて使えます。

音声入力の精度も抜群によいです。

不満は、Apple Watch2の画面上でWatchNotesのアイコンを押してから、実際に音声入力ができるようになるまで時間がかかることです。

頭の中にアイデアを必死で留めておきながら待たされることはとてもイライラします。

他にいいアプリがあればいいのですが・・・。

AppleWatch 2 を使いこなす!Siriと音声入力メモ『WatchNotes』でアイデアもタスクも逃さない!スマートウォッチの真骨頂。