旅行1日目のワクワク感

【関西空港】行きの空港でのドキドキ感がたまらない!

とある年の春、関空発バンコク行きのタイ航空の深夜便でタイへ向かった。

これがタイ旅行の船出の瞬間であった。

この船出の瞬間が自分はとても好きだ。

阪急と関空快速で関空へ

夕方に大きなバッグをかつぎ、携帯電話は家に置いて、市バスに乗って阪急河原町へ。

阪急百貨店前で相方(共に旅をする友達)と落ち合い、そこから京都の町を背にして、俺らを乗せた阪急電車が薄暗い闇を切り裂いて梅田へ走る。

梅田の地下のレストランで飯を食って、タイの留学生の両親へのお土産を買って、関空快速に乗って関空へ。

外はもう真っ暗である。

日根野という駅で電車は2つに分かれ、後ろの車両が関空行きになるというのでそこへ移動した。

関空へは橋を渡るのだが、そこから見える夜景はきれいだった。

海面に遠くのネオンが反射して幻想的な景色を創っていた。

夜の関空のまったりとした雰囲気がたまらない

関空に着いたのはすでに22時過ぎ。

空港内のお店はローソン以外は当然ながら閉まっていた。もちろん、エアロプラザにあった高島屋も。

departure timeは夜の1時半だったので、それまで関空をぶらついたり、ローソンで旅に備えて色々買ったり、空港の外の寒気に触れて緊張感をひきだしたり。

夜の関空のまったりとした雰囲気がたまらなくよかった。

海も静かだし、空港にはタイ航空の同じ深夜便の乗客しかいない。

さらに、荷物チェックや身体チェック・パスポートチェックなどの一連のおごそかな過程になぜかものすごくテンションが上がるのだった。

モノレールみたいな乗り物に乗って移動したり、長い廊下を歩いたり、とにかく一つ一つの作業がものすごく記憶に残っている。

そしていよいよ飛行機に乗り込み、機内の狭さに不安を感じながらもタイ人のフライトアテンダントの笑顔に癒され、いざ離陸!

いよいよ離陸!

初めはゆっくりゆっくり、原付並みの速度で動き出し、そして、それはいきなりのことだった。

ぐいーん!

急激な加速に僕も相方もシートにねじ伏せられたかのような慣性力を受けた。

「ひえーっ!」やがて機体がふわっと浮くのが分かり、僕らは日本を離れたことを実感した。

「さよなら日本。」機内の小窓から見える景色は絶景だった。

大阪湾がだんだん小さくなっていき、夜景はだんだん闇の空間にちりばめられた光のくずに変身していった。

深夜便ならではの景色だなあととても感動した。他の乗客も小窓からその素晴らしい景色にうっとりしていた。

やがて小窓の外から景色は消え、飛行機が雲の上に達したことを悟った。

しばらくの間、救命道具の説明のビデオを見せられ、その後は相方と喋ったり音楽を聴いたりした。

さすがにもう深夜の2時なので寝る体勢に入った人が多かったが、僕は興奮していて、むしろ寝るのがもったいないくらいだった。

相方は始めての飛行機で緊張して眠れない様子だった。

僕は気を遣って相方に窓側の席に座らせ、僕は通路側に座っていた。

フライトアテンダントがドリンクを配っていた。

僕らはドリンクを頼み、しばらく喋った。そろそろ寝ようかと思った頃、飛行機に不慣れな相方が、

「俺閉所恐怖症だから席代わってくんない?」

と言ってきた。

確かに窓側は通路側に比べて多少閉塞感があったので変わってあげた。

相方はしんどそうな顔だった。少し心配になった。

タイと日本の時差は2時間。午前3時という僕の時計の表示を午前1時に直した。なんか2時間得した気分になった。

朝が来た

朝の6時過ぎ、つまりタイ時間の4時過ぎに朝食タイムはやってきた。

あまり寝てないんですけど・・・。でも朝食とコーヒーのいい匂いに目はばっちりさえた。

やがてスチュワーデスが僕らの席にやってきて、

「Bread or Rice?」

と質問してきた。

僕は「Rice」と答えた。

しかし、相方は腑に落ちない顔をして、「パンかオムライスじゃないの?」と言った。

どうやら、ブレッド、オア、ライスというのをブレッド、オムライスと聞き間違えているようだ。

僕はブレッド、オア、ライスだよと説明したが、それでも腑に落ちない相方はスチュワーデスにオムライスの有無を聞こうとしていた。

結局聞かなかったが、もうすぐで恥ずかしい思いをするところだった。

南国タイに到着

シートベルトの装着のアナウンスが流れてから間もなくして飛行機は着陸した。

機内に次第にむわ~んとした熱気が漂い、熱帯の国に来たことを実感させてくれた。

機内の乗客はみな一斉にTシャツ1枚になり、荷物を整理して空港へと降り立った。

2月なのにTシャツなんて、なんだか変な気分だ。

朝の5時ともあり、ドンムアン空港のガラスの向こうはまだ暗かった。

乗客の列についていき、前の人の真似をして入国手続きを無事に終えた。予定より早くついてしまった。

空港の外ではタクシーの客引きや名前の書いたプラカードを持った旅行会社の人でごったがえしていた。早朝なのに・・・。