30代の生き方、働き方

落合陽一『日本再興戦略』・・・日本の閉塞感を打破するための方法論がわかりやすい

世界の流れに対し、日本の動きが鈍くて低迷していることは、多くの人が感じていると思います。同時に、IT技術をベースにどんどん変化していく米国や中国を尻目に、多くの人が自信を失っている状況も肌で感じていると思います。

落合陽一の『日本再興戦略』には、日本の閉塞感を打破し再興するための方法論が書かれていて、非常に興味深く読みました。この本には、斬新でかつ「その通りだな」と同意できる内容が数多く書かれており、必読の書だと思います。

但し、この本をもとに自らの考え方をアップデートするには、これまでの常識を脱ぎ捨てて、本に書いてあることを自分の言葉で表現できるレベルにまで咀嚼する必要があると思います。普通のビジネス書の感覚で読んでも、内容が頭に浸透してきません。読みやすいんですが、ビジネス書ではなく古典に近い、濃厚な本だと思います。

一言で言うと、今の日本は何がすごくて、何がすごくないのかを分析し、すごいところを基軸に日本をリデザインしていこうということです。そのためには、日本が明治時代以降に急速に取り入れた西洋的な考え方、江戸時代以前にベースにしていた東洋的な考え方を理解することが必要です。

内容を咀嚼して以下ポイントをまとめます。

西洋的思想と東洋的思想の違い

西洋的思想の特徴は、ものごとを二分法で捉えることです。白黒はっきりさせて、分かりやすくするイメージです。

例えば、人について言えば、個人とそれ以外という見方をします。仕事について言えば、ワークとライフという見方をします。

一方、東洋的思想は、はっきりとした境界線を引かず、もやっと繋がっているような、融合しているような、そんな感じでものごとを捉えます。

人について言えば、個人という独立した概念ではなく、自然の一部、コミュニティーの一部という見方です。仕事について言えば、ワークでもあり、ライフでもある”なりわい”という言葉で理解できます。著者はこれをワークアズライフと表現しています。江戸時代の百姓のように、無理せずできる仕事を組み合わせて生きるスタイルです。無理をしないのでストレスも溜まりません。

言葉についても、白黒はっきりさせる西洋と、境界線を引かない東洋では考え方が全く異なります。西洋の場合、言葉はみんなが理解できることが前提とされています。一方、東洋の場合は、感性を磨いてようやく理解できるようなものが多いです。

俳句とか漢文はまさにそのたぐいです。”古池や蛙飛び込む水の音”から「静寂」を味わえるかどうかは、詠む人の感性次第です。

近代以降の日本の特徴

明治時代以降の近代日本は、バラバラな方向を向いていた全国民を一方向に束ね、頭の切れる人に舵取りを任せる体制を築いたことです。劣勢だった状況から世界有数の先進国にのし上がるためには有効なやり方でした。

戦後も、同じ流れで経済を大きく発展させてきました。国民全員を乗せた大船を、頭の切れる人が、世界状況を見ながら航路をうまくコントロールしていきました。

大船が進む上で、膨大な数の課題が生じました。問題解決力の高い人材が必要とされてきました。したがって、日本の学校教育は、課題ありきで問題を解ける人材を大量に育てるカリキュラムを取ってきました。

次に、国民が長く大船に乗ってくれるように国民に大金を貸し、自分の家を建てて快適な生活を謳歌してもらいました。そして、貸した大金は何十年に渡り分割で返してもらう仕組みを定着させました。これが住宅ローンです。

最後に、高度経済成長の日本が得意としていた大量生産を支えるために、日本国内でも大量消費してもらう必要がありました。たくさん作っても売れなければ経済が回りませんので。大量消費を刺激したのがマスメディアでした。テレビや新聞のことです。国民は、テレビドラマやCMを見て、豊かな生活を送りたいと思うようになり、電化製品や自動車を買い求めるようになりました。

以上、「課題を解くことを主眼とする教育」、「住宅ローン」、「マスメディア」が戦後日本の大船戦略を支えてきました。

一方、現在の日本は、大量生産・大量消費の高度経済成長期から少量多品種の成熟社会に移行しつつあります。そして、これまでうまく機能してきた制度や慣行が逆に足かせになってきています。

子育て・教育ってホントにお金がかかるの?実は同調圧力に負けて、無駄に出費をしちゃってるだけじゃないの、という仮説。子育てってそんなにお金かかるのでしょうか? 家計本やファイナンシャルプランナーの人の本を読むと、「教育費は膨大だ。教育資金に備えよ...

それでは、今後はどのようなスタイルにアップデートするべきでしょうか?以下、項目別にまとめていきます。

これからの働き方

今後、個人に関しては、昔の百姓みたいに複数の「なりわい」を持つスタイルがしっくりくると思います。資産運用と同じで、複数の仕事のポートフォリオを組んで分散投資すれば、どれかがダメになっても食いっぱぐれることはないですし、どれかがコモディティ化しても、運用主自身がコモディティ化することはありません。

一方、今のビジネスマンは会社1本に集中投資しているとも言え、とてもリスキーです。

また、その「なりわい」が、例えば祖父母や親から自分へ、そして自分から子や孫へと引き継げるようなものだとより良いです。「なりわい」が自分たちの仕事として保証されている状態になるからです。未来のことを無駄に心配して心をすり減らさなくて済みますので、幸福につながります。

この対極が、自分探しで迷い続ける状態です。

昔の日本人は百姓的な生き方をしていました。このライフスタイルを破壊したのがマスメディアです。国民の価値観を画一化して、かつトレンディドラマのようなコンテンツを通して人生のサンプルを流布したことで、各人各様の価値観が失われ、全員が画一的な生活を指向するようになりました。

いい大学に入り、いい会社に入り、べたな言い方ですが、お金を稼いで、結婚して子供を作って、家を建てて、車を買って、という感じです。このライフスタイルだとお金が生活の質を決めているようなものなので、年収が人を測る物差しになりました。まさに拝金主義です。

そういった洗脳に気づき、百姓的なライフスタイルを取り戻すことが今後重要になってきます。

みんな出世して管理職になる必要あるの?避けて通れないものと思ってない?以前、遷都1300年記念祭が行われている平城宮に行って思ったことを書きます。 平城京跡に、こんな漫画絵がありました。だだっ広い平城...

経済:少量多品種に適合する仕組みづくり

経済については、大量生産から少量多品種の流れに適合する仕組みづくりが必要です。

ニーズが読めて、フットワークが軽いことが求められるため、大企業ではなく、日本独自のエコシステムを作って、その中で小さい会社がフットワーク軽く活動してイノベーションを起こす仕組みがベストです。動きが鈍い大きな卵ではなくて、無数の動きが俊敏な小さな卵にしてイノベーションが起こる確率を上げていくイメージです。

2000年頃がそのような仕組みにシフトすべきタイミングでしたが、そうはなりませんでした。当時は伝統的な日本企業の力が強すぎたことと、国民の間に、今以上に昭和的価値観が染みついていて、世の中の変化に対する危機感が醸造されていなかったためです。

また、新しいテクノロジー(5G、自動運転、AIなど)をどんどん取り込んで生産性を上げていくべきです。

人は、一度ラクな方法を経験すると、元には戻れなくなります。日本は人口が減少している人口オーナス国なので、生産性を上げて働き手を減らす方向性は問題なく受け入れられます。もしこれが人口ボーナス国だったら、失業者が増えることになるため打ち壊しが起きるはずです。

また、日本は人と機械を融和させることに違和感がありません。西洋だと、人は人、機械は機械という思想になるため、人と機械の融和は苦手だと思います。ましてや、AIで個人の判断力を機械に奪われることは思想上受け入れられないと思います。

最後に、企業には何ら価値を生まない「ホワイトカラーおじさん」が多く存在します。データから、彼らが企業の業績の足を引っ張っているのは明らかです。企業は彼らを抱え込むのではなく、適当な肩書きをつけてベンチャーや大学に出していくべきです。

攻めのタイプが多いベンチャーや大学に保守的な「ホワイトカラーおじさん」が入ることでバランスがよくなりますし、この人の移動によってオープンイノベーションがいっそう活性化するはずです。

働き方改革の本質は、個人の生産性向上ではなくて、組織にはびこる悪しき習慣の撲滅にある。仕事の目的のために自由にストーリーを考えて、予算の範囲内で自由にお金を使って、自由に出張して、時間を使う。 アウトプットを生むこと...

政治:中央集権型から分散型へ

政治は、中央集権型よりも分散型の方が向いています。

人はローカルな事柄には関心が強いですが、範囲が広すぎると自分事として考えにくくなるため、関心が薄れてしまいます。ですので、地方分権を進めて、市や県が一単位となって政治をやった方が、人々が政治に参加しやすくなります。

教育:自分で課題を見つける力

今後は、少量多品種、個々人に合わせてカスタマイゼーションすることが求められます。したがって、自分で課題を見つけていくことが重要になります。

一方、今の教育は、問題解決型の画一的カリキュラムのままです。実態として、やりたいことが無い人たちで溢れています。学校教育は、自発的にやりたいことを選んで行動する力を養う場にするべきです。