雑記

【懇親会の季節に】牛黄(ゴオウ)カプセルを飲むと、本当に二日酔いにならなかった

30代になると、肝臓の機能が低下してアルコールの分解が遅くなります。私も20代のときに比べてすごく弱くなりました。

とはいえ、その場の雰囲気で飲み過ぎてしまうことはよくあります。そんなときのために、お守り的にカバンに忍ばせておきたいのが牛黄カプセルです。

牛黄(ゴオウ)の威力

懇親会や歓送会の前後に服用しておくと二日酔いになりにくいアイテムはいくつかあると思いますが、特に効果が高いのは牛黄(ゴオウ)です。たくさん飲みすぎても翌朝がラクになります。

経験上、ウコンの力やヘパリーゼよりも数段効き目があると実感しています。

飲んだ後でも効きますが、インターネットでいろいろ検索していると、飲む前に服用した方が効果的のようです。

少々値は張りますが、頻繁に使用するものではありませんし、ピンチの状態から救ってくれる備えアイテム的な位置づけですので決して高い買い物ではありません。

ちなみに、1回1カプセルです。パッケージの中に2個のカプセルが入っています。1パッケージで約3,000円ですので、1カプセル1,500円くらいです。

通勤中の急な腹痛に備えてストッパをかばんに忍べておくのと同じですね。

二日酔いは緩和するが、頭はぼーっとする

ただし、水を飲もうが牛黄カプセルを服用しようが、翌日頭がぼーっとするのは治りません。

睡眠中に内臓がフル回転でアルコール分解をするので、脳が十分休まらないからでしょう。

ひどくストレスが溜まっていてアルコールの力で解消したいときがあるかもしれませんが、スマートにお酒を飲むべきです。翌日の知的活動に影響しますから。

お酒に飲まれてしまう”心理”

私の場合、飲み会での立ち振る舞いや会話に自信が持てなくなり、自尊心が傷つき、ひどく落ち込むときがあります。

自尊心が傷つくと、お酒の力を借りて何とか挽回したいと思うようになります。

そして、飲み会の席で多めにお酒を飲んでしまうのです。

お酒を飲んだところで、さして振る舞いが良くなるわけではありません。

気配りができず、いいコメントもできず、一人こんなに飲んでただただそこに座っているだけ・・・。

俺ってつまらない人間だなと感傷的になってしまいます。

飲み会でこういうループに入ってしまうと、お酒を飲み過ぎてしまい二日酔い確定です。

そう考えると、生化学的にアルコールの分解を促す方法を考えるより、お酒のインプットをむやみに増やしてしまう”心理”の方に目を向けるべきだなと思えてきました。

飲み会で自信を失う経験って、30代前半まではさほどありませんでした。

ここ最近になって多くなった気がします。年のせいですかね。

子どもができて、飲み会自体の参加回数が大きく減り、一時的な”経験不足”に陥っていることが原因なのかもしれませんが。

30代になって感じたこと

20代の頃は、寝る前に1缶空けても翌朝に残ることはありませんでしたが、今では確実に残ります。今は寝る2時間前までには飲み終えないと翌朝だるくなります。

20代のときは飲んでも顔が赤くなることは滅多にありませんでしたが、今はすぐ赤くなります。弱くなった証拠です。

二日酔いにならぬよう気をつけること

お酒の席にて

家ではアルコール量や飲むタイミングをコントロールできますが、飲み会があるとそうはいかないことが多いです。雰囲気にのまれてたくさん飲んでしまうこともあります。

飲み会で注意しているのが、トイレの回数です。

お酒を飲んでいると度々トイレに行きたくなります。尿意があるうちはOKですが、長く飲んでいると尿意がなくなってトイレに行かなくなります。

こうなると二日酔い決定です。

インプット(お酒)の量は変わらないのにアウトプット(尿)の量が減っている状態だからです。肝臓のアルコール分解力が弱まり、インプットを消化しきれなくなっている証拠です。

これを認識したら、できるだけお水やお茶を飲むようにします。

たくさん飲んだ日の夜中

家に着くとおなかが減っていることに気づきます。そういうときはコンビニのおにぎりを買って食べます。

たくさん食べておいた方がいいです。アルコール分解のエネルギーになりますので。

水分もたくさんとります。夜中、喉の渇きで勝手に目が覚めると思いますので、その度に水を飲みます。

ここで面倒くさがって水を飲まずにいると、翌朝の酒の残り方がひどくなります。

鼻で息をすると、鼻の奥の方からアルコールの匂いがする、あの嫌な感覚です。

翌日

翌日の午前中は、コーヒーを飲んで水も飲んで排尿を促すようにしています。

これは意識せずとも自然にやっていますね。

正しくは、頭がぼーっとして冴えないので、ピシッとさせるためにコーヒーを飲む結果、排尿が促されてアルコール分解が進む、です。

そして、朝飯はたくさん食べるべきです。朝飯を食べるとエネルギーが補給されてアルコール分解を後押ししてくれます。

これは実感できるので、経験済み人は食欲がなくてもなんとかご飯を食べようとしているのではないでしょうか。