Python、機械学習

プロキシあり/なし両方の環境でDockerを使用するには?(proxy)

例えば会社の社内のようにプロキシ下の環境にある場合、インターネットにアクセスするには、プロキシ認証を通過させる必要があります。

Dockerも同様で、プロキシ設定をしないとDockerを使用できません。

ここではDockerのプロキシ設定方法についてまとめます。

プロキシ情報の確認方法

プロキシ情報の確認方法についてはこちらの記事にまとめています。これに沿ってプロキシ情報を取得して下さい。

【Python】プロキシあり/なし両方の環境でpip, condaを使ったりスクレイピングするには?(proxy)自宅と会社の両方でPythonを使う方、多いと思います。その場合、ほぼ間違いなくつまづくのがプロキシ(proxy)の設定のところでしょう...

Dockerのプロキシ設定

プロキシの情報を確認した結果、次のようなものだったとします。

(例)
ID:doraemon
パスワード:1a2b3c
プロキシアドレス:111.111.111.111
ポート:8080

まずはDockerを立ち上げます。次に、パソコン画面の右下に出ているDockerアイコンを右クリックして「setting」をクリックします。

ウィンドウが立ち上がるので、左側のところでResorces→PROXIESを選択します。

Manual proxy configurationをオンにし(青い玉を右にスライド)、「Web Server(HTTP)」「Secure Web Server(HTTPS)」の欄にプロキシ情報を入力します。

入力するプロキシ情報は以下の通りとします。

「Web Server(HTTP)」

doraemon:1a2b3c@111.111.111.111:8080

「Secure Web Server(HTTPS)」

doraemon:1a2b3c@111.111.111.111:8080

入力する内容は両方の欄とも同じで、ID:パスワード@プロキシアドレス:ポートです。

ウィンドウ右下の「Apply&Restart」をクリックすれば終了です。

プロキシ認証できるかどうかを確認

最後に、ターミナルあるいはコマンドプロンプトを立ち上げて「docker login」とコマンド入力します。

UsernameとPasswordを入力し、何もエラーが出なければ無事にプロキシ設定完了です。

(Login Succeededと表示されればOK)

プロキシ環境の外でDockerを使用する場合

先ほどのウィンドウで、Manual proxy configurationをオフにして「Apply&Restart」をクリックすればOKです。

この切り替えにより、プロキシ環境の中、外の両方でDockerを使用することができます。